This WebSite is written in JPN-Lang only. Plz install a JPN-Font in U R browser 1st:)

■ 開発日報 File.005

 八月も残すところあと三日となり、さっさと涼しくなりやがれなどと愚痴りたくなるような日々が未だ続く今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。こんにちは、tokimaです。近頃はだいぶネットゲーム熱も退き、手慰みに某おっさんゲーを始めてみるも当方の環境だと何故かエラー頻発ですっかりdaruo。こんな僕を慰めてくれるのはgumonjiしかない!!というわけで、今月頭にアップデートが行なわれた(らしい)gumonjiに再チャレンジしてみました。チャレンジも何も、適当に土地を弄くりまわしてるだけですが。
 土地弄りを再開する前に、前回の中断時からの変更点を適当に確認してみたりする。何事にも準備と心構えが必要です。

・gumonjiの木の成長速度上昇
・アイテム(服や帽子、家具etc)が作れるようになった
・生き物の棲み分けが明確化したっぽい
・新しい動物の追加
・動物死亡時に骨をDropするようになった

ぱっと気付いた変更点はこんな感じ。あとはまあ、なるようになるでしょう。つーかなれ。


 さて、骨と聞くと皆さん真っ先に思い浮かぶのが「それってかぶれるの?」という疑問だと思われます。当方もご多聞に漏れずその手の連想をする性質なので、早速近くを歩いていた牛を斧で叩き割り、新鮮な頭蓋骨をゲットしてみました。流れるような手捌きでアイテム欄にある骨にカーソルを近づけ、おもむろに右クリックしてみると、

「かぶる」

 …いやー、さすがウ○コすら頭に乗せられるゲームだ。解ってらっしゃる。これでようやく、ずっと頭の上にバケツを乗せているというふた昔以上前の立ちん坊ファッションから脱却です。



ちなみに手に持っているのはハンドベル。骨からガラスの板を生成し、さらに加工することで作れるアイテムです。手を振ったりジャンプしたりするとちりんと音が鳴ります。超素敵。

 ひとしきり増えすぎた動物を間引きし日頃のストレスを思う存分発散したところで、本題となる土地弄りに移りましょう。今まで散々待たされた挙句一度も実をつけたことがなかった緑gumonji木が、気付いたら超巨大になっていたのはこの際見なかったことにする。




本日行なった作業(2年目8月現在)
・度重なる降雨の影響で、南西運河の水かさが上昇。
・A地点で採取したワニの卵多数を運河に廃棄。自然的淘汰を待つ。
・同じくA地点で採取したクジラの卵をB地点に多数放流。餌がない。
・C地点にて青gumonji木を栽培開始。プランクトンが欲しいです。
・D地点に丸い木を植林。特に意味はなし。
・E地点に水路を増設。水捌けの更なる改善を期待する。
・F地点にて緑gumonji木を栽培開始。何が生まれるのか楽しみ。
・東の牧草地にてウマ・ウシ・ヒツジの繁殖を確認。
 そのうちライオンでも放ってみるか…とやや黒めの想像をする。
・フナの介が卵を産んでいるのを発見し、ちょっぴり感動。
・金魚は今日も元気です。

今後の予定
・クジラとワニが大量に生まれるので、育成(若しくは処理)の方法を考えよう。
・北東及び南東の海部分にて海藻を繁殖させ、魚の住み易い環境を整えよう。
・紫gumonji木が全く生えないので、生える環境を試行錯誤してみよう。
・そろそろ北西部分を開拓してみちゃう?(但し優先度は低め)
・土爆用スコップを見失ったので、次回捜索予定。
posted by tokima | gumonji | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks