This WebSite is written in JPN-Lang only. Plz install a JPN-Font in U R browser 1st:)

■ Information ■

最近はTwitterがメインです。
PS3版アルカナハート3無差別クラス配信はコチラ

■ 宝船

 最近はツイートすらサボり気味。こんにちは、tokimaです。今回は三月に新しく発売された、煙管用刻み煙草の新銘柄「宝船」を試してみた、というお話。

 去年の煙草大増税から早半年、元からあった好奇心と煙草代節約の為に始めた煙管での喫煙ですが、今ではすっかり生活の一部となりました。とはいえ、煙管用の刻み煙草唯一の銘柄だった「小粋」は、需要増加のせいか品薄の状態が今年の二月頭頃まで続き、油断すると家の在庫を切らしかねない有様。そこにきて今回の新銘柄「宝船」発売の報は、元々ひとつしかなかった銘柄に選択肢が出来るのもありますが、単純に刻み煙草自体の品切れの心配が減ったという、まさに福音だったわけです。



 で、こちらが買ってきた宝船。比較用として隣に小粋の箱を置いてみました。20グラムということで(小粋は10グラム)結構大きいです。パッケージは長いビニール袋をくるっと巻いてあるだけの簡単な物で、小粋のしっかりした箱と比べると安っぽい感は否めませんが、小粋が10グラム360円なのに対し、宝船は20グラム500円と大変安価なので、この辺りでさらにコスト減しているのかもしれませんね。よく解ってませんが。

 あとこの袋、地味に密閉率が高そうなので、加湿器やらエバーウェットやらを突っ込んでおけばそのまま外への持ち出しも可能な気がします。これはちょっと嬉しいかも。



 ちょっぴりつまんで出してみたところ。右はこれまた比較用の小粋。さすがに小粋は細いですね。一方宝船は一見荒く見えますが、これでも手巻き用のシャグと比べると細かいようです。

 折角買ってきたのに眺めているのもアレなので、早速ひとつまみして一服。第一印象としては、小粋のようなガッツリ来る煙の濃さはないものの、ほんのり香る甘みとマイルドな煙が相まってかなり吸い易いです。マイルドといっても、軽さを売りにした紙巻煙草にありがちなスカスカな味ではなく、煙草本来の味はしっかり楽しめるのがちょっと驚き。小粋とはまた違う美味さです。基本一銘柄を吸い続ける当方ですけど、有り無しで問われたら間違いなく"有り"。あと、多少荒いせいか地味に火種が消えにくい気がするのも好感触。



 発表当初は海外製煙草葉のブレンドということで少なからず心配していましたが、杞憂に終わってなによりでした。吸い味の良さや安価な価格設定で、煙管初心者の方にも安心してお勧めできる銘柄だと思います。濃い煙で一服の満足度が高い小粋と、のんびりとチェーンスモークを楽しめる宝船……市場的に狭そうな煙管業界において、このような銘柄が新たに登場出来るという事は、案外将来も安泰なのかもしれません。
posted by tokima | ETC | comments (0) | trackbacks (0)

■ zippo修理


 twitterでチラッと呟いた来歴不明のzippo。どのような経緯で入手したのか全く覚えておらず、多分10年以上棚の肥やしになっていたようでボロボロです。以前使っていた記憶も全く無いので、貰ったかなんだかした後ずっと放置していたと思われますが、偶然とはいえ折角発見したので修理でもしようかと思い、早速スペアのパーツを買ってきました。


 それがこちら。左はコンビニ等でもよく見かけるフリント(火打石)で、右がウィック(芯)。フリントはどこにでも売っているのでいいとして、ウィックは大き目のホームセンターに行かないと置いてないみたいですね。何軒かはしごしてもうた。


 インサイドユニットをバラしたところ。放置していただけあって、右上の新品ウィック以外はなんかキチャナイです。オイルライター自体にさほど興味がなかったので知りませんでしたが、えらい単純な構成なんですねぇ。これなら耐久性が高いと言われるのも頷けます。


 中綿を抜いたインサイドユニットの内部。中央の穴にウィックを通すだけの簡単なお仕事です。ちなみに右のパイプはフリントを入れるためのモノ。ちゃんと干渉しないようになってるんですな。


 そんなこんなで穴にウィックをぶっ差して中綿を詰め直し、ついでに予備のフリントをタンク内に詰め込んで修理完了。所要時間ものの数分…こんな事ならもっと早くやっときゃよかった。もっとも、これを使い続けるかどうかは別ですが(普段は100均ライター使いなので)しばらく様子を見てみようと思います。つーか思いの外火がでかくて慣れないとちょっと焦る。
posted by tokima | ETC | comments (1) | trackbacks (0)

■ HP-B700Nを使いやすくするの巻

 予想外の晴れ間にキョドり気味。こんにちは、tokimaです。出掛ける前にイヤホンを弄ったら中々良い感じになったのでメモを兼ねて更新。

 前回の雑記で買ってきたHP-B700Nは、同時に買ってきたHP-B900Nをメインに据えたため軽くいらん子扱い。かといってB900Nで満足していたわけではなく、特にゴムゴムしいコードが取り回しをする上で非常にイラつく要素だったりします。SHURE掛けしようにも硬くてすぐズレやがるし。


 そこでB700Nの出番!となればいいのですが、妙に細くて短いステム(チップ付ける部分)のせいでイヤーチップ選択の幅が皆無。どうにかならんかなぁ…とぼんやり考えていたら急にひらめきました。


 B900N用に買った三段キノコの切れっ端使えばいいんじゃね?


 つーこって早速嵌めてみる。なんかドンピシャじゃないっすか。


 試しにEX1を着けてみたの図。慣れたチップなので装着もしやすくなり、耳から多少乱暴に外してもチップが取れるような素振りがなくなりました。更にデフォのふにゃチップより中高音の篭りが減るという副次的効果付き。さすがにB900Nより音が良くなったりはしませんが、前述の切れ端の代用品程度ならホムセン辺りにいくらでも転がっていそうですし(ゴムチューブとかギボシ端子とか)、一手間掛けるだけで一般的なチップが使えるようになるので、色々試してみる価値はありそうです。というか何故に今まで気が付かなかったのか…
posted by tokima | ETC | comments (1) | trackbacks (0)

■ イヤホン2機種


 イヤホンに関してはそろそろカテゴリを設けた方がいいのかなぁ…などとぼんやり考えつつ久々の更新。こんにちは、tokimaです。巷でCP最強かも?と噂のオーム電機製イヤホン「HP-B900N-K」と「HP-B700N」を買ってきました。購入価格はそれぞれ1,999円と1,599円也。

 こいつの何が凄いかと言うと、この価格にしてドライバがバランスド・アーマチュア型(以下BA型)な事。音の再現性が高く解像度にも優れるとされるこのドライバは、主に補聴器等に用いられ、イヤホンだと7,000円クラス以上の高級機でしかなかなかお目に掛かれないというシロモノです。安物使いの私は当然初体験。もっとも、定価はB900Nが9,980円、B700Nが6,980円だそうで(検索掛けてもよく解らなかった)、何かしらの事情で投売り状態になっているみたいですね。まあ安いからいいか。


 というわけでB700Nから早速開封。付属品は3サイズのイヤーチップ各1セット、三段チップ1セット、キャリングケース、携帯電話用平型変換コネクターの4種。ケースはしっかりしていて良いっすね。多分使わないけど。本体のケーブルは布を張ったような柔らかめの物で長さ1.2mのY字、ジャックはストレートとなってます。ジャックのカバー部分(?)がアルミになっているのはちょっと格好良いですな。


 続いてB900N。付属品は3サイズのイヤーチップ各1セット、キャリングケース、携帯電話用平型変換コネクターと、ここまではB700Nと同じですが、三段チップの代わりにソフトフォームチップ(THE PLUG付属のアレ)が入ってました。本体ケーブルは癖がつき易そうな硬めのゴム製のY字で、長さはB700Nと同じ1.2m。ジャックは他ではあまり見ない"への字"型の樹脂製になってます。形はまあいいとして、こっちもアルミにすりゃいいのに。


 一通り弄りまわしていくつか曲を聴いてみたところで、相も変わらず素人レビュー。上記の通りBA型初体験なわけですが、こんなにも違うものなんだなぁ…というのが第一印象。今まではさほど気にしていませんでしたけど、いざ聴き比べるとなると、当たり前ですがダイナミック型とは音の出方が全然違いますね。低音が弱いのかなとか勝手な想像をしていましたが意外とそうでもなく、解像度が高い分一つ一つの音をより楽しめます。更に2機種を聴き比べてみると、B900Nの音の繊細さにびっくり。B700Nはカマボコ気味な味付けなので曲によっては残念な場面がありますけど、B900Nの方はイコライザ等を弄らなくてもすんなり良い音出しました。実売2,000円でこれは本気でありえないっすわ。

 音質だけ鑑みるとB900Nを使っていきたくなる所ですが、残念な点もいくつか。まずはケーブル、ここはB700Nと同じ布巻きの柔らかケーブルにして欲しかったなぁと。次に音漏れに関してですが、手持ちの機種の中では結構多め。特にB900Nは感度が高目で音量が取りやすいので、電車内や静かな場所では他のイヤホンを使う時よりプレイヤーの音量をいくらか下げる必要がありそうです。さらにもう一つありまして、B900Nの装着はケーブルを耳に掛ける、通称"Shure掛け"が基本となる構造になっている事。これに関しては完全に好みの問題なんですけど、当方いい年こいたおっさんなわけで、耳の裏が少しばかりオイリーなんですよね。さすがに一日二日でどうにかなるほどではないものの、ケーブルの硬質化がちょっぴり気になるお年頃。なのでB700Nのような普通の形がよかったです。とはいえ、プレイヤーの設定で音を左右逆にしてあげれば解消される事なので、さしたる問題ではないのですが。

 さて、B900Nメインの話になってしまいましたが、B700Nも1,600円ではありえない音質の上、遮音性や装着性等、全体のバランスとしては余裕で及第点なので、最終的には用途によって使い分ける形になりそうです。とりあえず、両機種ともにBA型の入門機種として、一台確保しておいて損はないと思います。両方買っても3,600円でお釣りがきますしね。ちなみに買ったのはあきばおー。6/16現在の話ですが、在庫は結構ありそうでした。
posted by tokima | ETC | comments (0) | trackbacks (0)

■ HP-FXC50


 VictorのHP-FXC50が安くなっていたので購入。ヤマダ電機で1980円也。

 元々4000円弱で流通していたものですが、最近になって各地でセールが始まったとのこと。流石に元の値段を考えると性能いいっすね。軽めのドンシャリですがそれほど聴き疲れするような音ではなく、解像度も良好。トップマウント構造(耳穴の中にドライバーユニットが入る構造)ということで初見の時は如何なものかと思いましたが、ほとんど違和感ありませんでした。こりゃ良いわい。

 ただ一つ個人的に残念なのがコードの長さ。素の長さが0.8mなので微妙に短く、かといって付属の延長コード(0.7m)を付けると今度は長すぎるという有様……この辺りはもうちょいなんとかならなかったんですかねぇ。とりあえず適当な延長コードを見繕って誤魔化しますが。

 とはいえこれだけの品を安価で買えるのは非常に有り難いことです。確認の為量販店を数店舗廻ってみましたが、大抵の店に置いてあるという入手性の良さもGood(但し4/25現在の話)。一部では断線し易いという話もあるようですけど、今までその手の噂がある機種で断線したことがないのでなんとも。まあ安いですし、お試しで買ってみる分には充分勧められるレベルじゃないかと思います。元の値段の時も評判自体は良かったみたいですしね。
posted by tokima | ETC | comments (0) | trackbacks (0)